緊急時の対応

緊急時の対応

大雨・台風・大雪などで、登校の困難が予想される場合

本校の授業日において、大雨・台風・大雪などで、生徒の登校に困難が予想される場合は、次の1~3を原則とします。

  1. 午前6時00分に、①「暴風警報と大雨警報」または②「大雪警報」が、埼玉県・南部(南中部・南西部)に発令されている場合、午前の授業は行いません。
  2. 午前10時00分までに、①②の警報が解除された場合は、午後の授業を行いますので、午後の授業開始15分前までに登校し、教室でSHRを受けてください。(SHR開始…通常日課12時45分、時差日課13時15分)
  3. 午前10時以降も、①②の警報が、埼玉県・南部に発令されている場合は、午後の授業も行いません。臨時休校とします。

注意事項

  1. 埼玉県・南部の気象情報が、テレビ・ラジオ、インターネット等で確認できないときは、熊谷地方気象台の発表を、電話で確かめてください。
    ・天気予報電話サービス(177)
    ・携帯電話・地域外からかける場合(048-177)
  2. 学校への電話による問合せは、混乱を大きくしますので、ご遠慮ください。
  3. 埼玉県・南部の警報が解除されても、洪水や道路損壊などで登校が困難な場合は、無理に登校しないようにしてください。後日事情を聞き、その情況を判断して公欠とします。
  4. 埼玉県・南部以外に居住している生徒は、各地域の気象情報や交通情報によって、洪水や道路損壊、交通機関の不通などで登校が困難な場合は、無理に登校しないようにしてください。後日事情を聞き、その情況を判断して公欠とします。
  5. 平常に授業を開始した後に警報が出た場合は、臨時の職員会議を開いて対策を決定し、全校生徒に連絡します。