スーパーグローバルハイスクール(SGH)

平成26年度より、文部科学省「スーパーグローバルハイスクール」に関する研究開発指定を受け、国際的に活躍できるグローバル・リーダーを育成するため、国内外の大学や企業、国際機関等との連携による質の高い教育課程等の開発・実践を行うこととなった。

(1)主旨

急速にグローバル化が加速する現状を踏まえ,社会課題に対する関心と深い教養に加え,コミュニケーション能力,問題解決力等の国際的素養を身に付け、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーを高等学校段階から育成する。

(2)本校の研究開発の概要

研究開発課題名:

先進的な総合学科を活かした持続可能なアセアン社会を創るグローバル人材の育成

研究開発の概要:全生徒に対する地球市民性醸成プログラムの開発と、アセアン諸国と連 携した2年間に及ぶ課題研究プログラムの開発(2年次のインドネシアにおける3週間フィールドワークおよび3年次の筑波大学における英語論文指導およびゼミ指導)を行う。また、コミュニケーション能力向上のための英語+1か国語マスタープログラム(インドネシア語 講座)も実施する。

(3)平成26年度の計画

平成26年度は、準備・試行期間と位置づけ、新規開発単位の試行および既存の科目との位置づけの明確化および内容の精選を行う。本年次の重点項目は1)国際インターンシップの試行、2)グローバル入試実施、3)新開発科目「グローバルライフ」の「家庭基礎」における試行、4)インドネシア語講座初級の試行、5)校内体制の整備である。

1)は、2,3年生から現地での活動に意欲の高い生徒を5名程度選抜し、2014年8月にインドネシア(ジャカルタ、ボゴール、チアンジュール、プカンバル)に約3週間渡航し実施する。インドネシア側からは、ボゴール農科大学附属コルニタ高等学校、インドネシア政府林業省附属高等学校の生徒が参加する。おもに、西ジャワ州グヌングデパンランゴ国立公園をフィールドに、「教育班」「環境班」「地域開発班」に分かれて活動を行い、最終的には小学校におけるESD出前授業、インドネシア政府へのゴミ問題や森林保全にむけた提言を高校生自身がまとめ提案する。

2)は、グローバルリーダーを目指す意欲の高い生徒、国内外のインターナショナルスクールや在外の日本人学校生徒、帰国生、外国籍中学生にむけた特別入試の制度設計を行い、平成27年度入試から実施できるようにする。

3)は、家庭科教員が中心とし、農業科、商業科、地歴公民科、理科、外国語科などの教員がチームを作って内容を検討する。

4)は、外国人教師とTTで内容を検討し実施する。英語に対する苦手意識の提言や、英語以外の言語にも意欲をもって生徒が学べる取り組みを実践する。

5)は校内研修会を開催して学校全体にSGHプロジェクトの周知徹底をはかる。既存の「社会と情報」「コミュニケーション英語」「産業社会と人間」の連携、各専門科目と国際科科目の内容と位置づけの明確化を行う。また、国際教育推進生徒委員会(SCIS)を立ち上げ、とくに高校生国際ESDシンポジウムの運営を生徒が中心になって担う。