本校は1994年に全国初の総合学科高校としてその歴史をスタートさせました。
総合学科とは普通科および専門学科に並ぶ第3の学科として設置された学科で、その特色として次の2点が挙げられます。

  1. 将来の職業選択を視野に入れた自己の進路への自覚を深めさせる学習を重視すること
  2. 生徒の個性を生かした主体的な学習を通して、学ぶことの楽しさや成就感を体験させる学習を可能にすること

本校の総合学科教育ではその時代のニーズに応じたカリキュラムや科目の開発に努めてきました。
本校では聴講型の授業だけではなく、アクティブラーニングが多く行われていることも大きな特徴です。基礎的な知識や技術に加えて「思考力」「実践力」を総合的に身につけていくことを目指します。

IGクラス(インテグレィテッドグローバルクラス)

 21世紀のグローバルリーダーとして、問題を解決し行動できる資質・能力の向上を目指しています。主体的に考え協力しながら行動できる能力の育成と、地域とグローバルの良い市民であるシチズンシップを養います。

SGクラス(スーパーグローバルクラス)

 特に、具体的に行動し、積極的に活動できるグローバルリーダーの育成を目指しています。海外研修や課題研究など、主体的に自分の価値と可能性を広げる活動への参加を積極的に考えている生徒を求めています。