筑波大学附属
坂戸高等学校長

田村 憲司

筑波大学 生命環境系 教授

 筑波大学附属坂戸高等学校は総合学科の高校になって23年目になります。総合学科は、自ら選択した学問に自信を持って生き生きと学ぶことができる学科です。将来の自分自身の生き方、在り方、生き甲斐をしっかりと考え、自己を見つめることができるプログラムとなっています。さらに、附属坂戸高校では、大学の附属高校としての利点を活かし、筑波大学を訪問し大学の講義を体験したり、大学の教員による出前授業も行うなど、高大連携プログラムを推進しています。
 また、2014年度から文部科学省からスーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定され、世界的視野で物事を考え、多様な価値観を理解して受け入れる心を育む教育を行っています。具体的な取り組みとしては、インドネシアボゴール農科大学附属高校の生徒の皆さんと一緒にフィールドワークを行ったり、国際シンポジウムに出席、発表したり、海外に渡航して課題研究を行うなど、国際的に活躍できる人材の育成に力を入れています。
 そのような附属坂戸高校に来て、将来の夢をみつけてみませんか?皆さんの
入学をお待ちしています!