1.グローバルライフ

 世界中がつながってしまった現代社会では、すべての人がグローバルな課題と向き合っていく必要があります。筑坂では、グローバルを身近な課題として当事者意識を高めるため、家庭科をベースとし、日常生活とグローバルな課題を関連付けて学び、地球市民性を高めていく授業を1年次で実施しています。

2.T-GAP

 T-GAP(つくさかグローバルアクションプログラム)を2年次で実施しています。5人程度のチームを作り、それぞれのグループで「グローバルとは何か、そこにある課題は何か」を議論し、実際に解決のためのアクションプランを作成し、実際に実践します。3年生で個人でテーマを設定し、研究活動を行う「卒業研究」のベースを作る科目です。

3.高校生国際ESDシンポジウム

 東南アジア各国の高校生を招き、持続可能な社会づくりのためのアイデアを共有するシンポジウムを毎年開催しています。シンポジウムは英語で行われ、運営も生徒中心に行われます。このシンポジウムで海外の友人と共に学び活動することで、国際舞台に立つための第一歩を踏み出せます。

4.カナダ校外学習

 本校ではグローバル人材育成のために、早い時期から地球市民性を養うことを目指して、1年次でカナダでの校外学習を実施しています。現地の高校生との交流、課題学習、ホームステイなど多彩なプログラムが用意されています。