国際バカロレア(IB)の教育プログラムは1960年代にスイスで開発された世界共通のカリキュラムで、本校は平成29年2月に埼玉県で初めて国際バカロレア認定校に認定されました。
本校では、平成30年度入学生より、高校2~3年生を対象としたIBディプロマ・プログラム(DP)を導入します。

IBの使命

 国際バカロレア(IB)は、多様な文化の理解と尊重の精神を通じて、より良い、より平和な世界を築くことに貢献する、探究心、知識、思いやりに富んだ若者の育成を目的としています。この目的のため、IBは、学校や政府、国際機関と協力しながら、チャレンジに満ちた国際教育プログラムと厳格な評価の仕組みの開発に取り組んでいます。IBのプログラムは、世界各地で学ぶ児童生徒に、人がもつ違いを違いとして理解し、自分と異なる考えの人々にもそれぞれの正しさがあり得ると認めることのできる人として、積極的に、そして共感する心をもって生涯にわたって学び続けるよう働きかけています。

筑坂の使命

 筑坂は筑波大学附属学校のひとつとして、「持続可能な社会の創造とその発展に貢献できる人間を育成する」ことを教育目標に掲げ、総合学科の高校として「理論と実践を融合した知」を重視した教育を実践してきました。2015年からは文部科学省よりスーパーグローバルハイスクールに指定され、急速にグローバル化が加速する現代において,社会課題に対する関心と深い教養に加え、コミュニケーション能力、問題解決力等を身につけ、将来、国際的に活躍できる人材を育成するために様々な教育プログラムを開発しています。本校が国際バカロレア認定校になるに伴い、これまでの教育実践がグローバルな視点からより強化されることが期待されています。私たちはさらなる学びの挑戦を志す皆さんを心より歓迎します。

IBの学習者像

IB認定校が育てたい人物像は以下の10の人物像として表されています。

探求する人 心を開く人
知識のある人 思いやりのある人
考える人 挑戦する人
コミュニケーションができる人 バランスの取れた人
信念を持つ人 振り返りができる人

カリキュラム

 1年次は、SGクラスに所属し必修科目を学習します。2年次からはIBDP科目を中心に学習します。

コア科目

Theory of Knowledge (TOK:知の理論)
Creativity, Action, Service (CAS)
Extend Essay (EE:課題論文)

DP科目

言語と文学(HL) English B(HL) 地理(HL)
生物(SL) 数学(SL) Theatre(SL)

  • ※1年次の一部の科目では、2年次から始まるIBDP科目の学習に対応できるスキルを身につけるため、SG生とは別の少人数授業を行います。
  • ※English B(HL)・Theatre(SL)は、英語で学習します。
  • ※開講されるDP科目は追加・変更になる場合があります。

本校DPで必要とされる能力

 本校では6科目中2科目を英語で学習しますが、その他の科目でもほとんどの資料は英語で書かれています。母語運用能力に加え、学術的な英語運用能力も高めることが可能です。また、日本語で行われる科目でも、国語・数学・理科・社会などの幅広い基礎的な知識と高度に応用できる能力が必要になります。

ディプロマプログラム受講料

 本校のディプロマプログラムを受講するためには、納付金(入学金・授業料等)に加え、プログラム受講料が必要です。また、ディプロマを取得するためには、最終試験科目受験料等が別途必要になります。

本プログラムに関する詳細は、学校説明会・入試説明会にて説明いたします。