IBディプロマ・プログラム生は全世界共通科目であるコア3科目に加え、グループ1~6科目群の中から1つずつ学習することになっています。また、6科目中3科目をHL、3科目をSLで学習し、6科目のうち最低2科目は英語で実施することが条件となっています。

コア科目

Theory of Knowledge(TOK:知の理論)

「知る」ということは私たちが思考・決断する上で非常に大切な学習活動です。私たちが持っている知識はどのような背景を持ち、どのようにして獲得されたのかを多角的に考察します。

Creativity, Action, Service(CAS)

芸術・スポーツ・ボランティアなどの活動を行います。生徒は自主的に計画を立てて実行し、実際に活動したことを振り返るとともに、記録としてポートフォリオ作成します。

Extended Essay(課題論文)

1~6のDP科目グループの中から主題を決め、課題研究を行い、その成果を日本で書く場合は8000字、英語で書く場合は4000語の論文にまとめます。

DP科目

グループ1:母語

言語と文学(HL)

「言語」分野では、ある特定の文化の中で言語がどのように発展し個人や集団に関わっているか、またメディアでの使われ方などを考察します。「文学」分野では、6つの作品の解釈を通して、分析する能力や表現力を養います。抜粋でなく、作品全体を扱う点が「国語」の授業とは異なります。

グループ2:外国語

English B(HL)

English B satisfies the requirements for academic English Communication through activities that develop speaking, reading, writing and reading skills. Moreover, the lessons raise awareness on culture and practices through practical application of skills.

グループ3:個人と社会

地理(HL)

実際に地球上で生じている自然社会環境の相互関係を時空間のスケールで分析・考察します。貧困や気候変動などの国際問題を文系・理系的視点から総合的に学ぶとともに、データ分析・GIS・フィールドワークのスキルも修得します。

グループ4:理科

生物(SL)

生命について実験や観察を通して深く学習します。2年間で、細胞、DNA、生態、進化等の人類が獲得してきた生命に関する知識やスキルを総合的に学び、現在の地球の抱える生物学的な問題や生命とは何かという根源的な問いについて探求します。

グループ5:数学

数学(SL)

ディスカッションやグループ活動などを通して,現実世界の問題をいかに数学的に考察するかに焦点を当てます。例えば、グラフ関数電卓を用いてロボットの動作を数値化したり、グラフで表したり、ロボットの動作からグラフを予測したりといった探究活動は,数学的思考力や問題解決能力を養います。

グループ6:芸術

Theatre(SL)

IB Theatre offers diverse experience and understanding of the nature of theatre as creators, designers, directors and performers. The lessons will involve research, theatrical traditions, production, performance and reflection.

※ディプロマを取得するためには、各DP科目の所定の時間(HLは240時間・SLは150時間)を学習したのち、学校内で行われる評価(内部評価)と毎年11月に全世界共通の日程で実施される最終試験(外部評価)を受験し、所定の成績を治めることが必要です。

  • ※English B(HL)・Theatre(SL)は、英語で学習します。
  • ※開講されるDP科目は追加・変更になる場合があります。