福祉科目「福祉からみた生活」では、みんなが安心して暮らせる街づくりを考えるために、地域で活動しているお年寄りや福祉専門職の人たちと一緒にコミュニティ・ミーティングを実施しました。

コミュニティ・ミーティングでは、まず自分たちの強みを自覚してから、安心して暮らせるとはどのような状態なのか考え、そのためにできることは何なのかをディスカッションしました。

18歳の高校生と上は90代のおばあちゃんまで同じ目線で地域について、真剣に楽しく考える様子が印象的でした!

今後生徒はみんなが安心して暮らせる街を作っていくためのアクションを起こします!