1年次SGクラス必修科目「グローバルパスポート(GP)」の授業で、

株式会社「Rubah4(ルーバーフォー)」を設立した社会起業家、奥村瑛莉奈さんをお招きしました。

1時間目は、奥村さんの社会起業に至るまでの経験をご講義いただきました。

生徒は、奥村さんがインドネシアへ留学中、カカオ農家の現状を知ったことをきっかけに

現在の会社を起業し、社会貢献を重視したこだわりの商品を、適正な価格で取引し販売している

ことなどについて、メモを取りながら真剣に受講していました。

2時間目は、嗅覚や味覚を使って、

①コップの中身(正解は、上からクローブ、たばこ、コーヒー。)

②チョコレートに含まれるカカオの産地(インドネシアでも産地によって味が異なるのだとか。)

③チョコレートに含まれるカカオの比率(正解は84%のものと、65%のものでした。)

などを当てるワークショップを行いました。

 

カカオ豆の産地に関しては、バリ島・ジャワ島・スマトラ島・フローレス島の農家から直接買いつけ、

良質な物をチョコレートにしていることを、生徒は1時間目で学んでいます。

インドネシアのカカオ豆だけを使用したチョコレートを、実際に手にした生徒たち。

嬉しそうにパクパクと食べるのかと思いきや、

まるで専門家になったかのような顔つきで、

手触り、香り、味、食感を確かめ、慎重に見極めていました。

 

2時間を通しての生徒の感想シートには、

「こうした企業が増えれば、カカオ豆収穫による児童労働の問題が解決に近づくのではないか」、

「問題を見つけて起業する行動力がすごい、見習いたい。」

「私も将来海外で働きたいので参考にして頑張りたい」

などとありました。

それぞれの生徒の中で気づきがあり、社会起業や進路について学びを深められたようです。

 

奥村さんには、11月に行われるESDのシンポジウムにもお越し頂く予定です。

「インドネシアと日本に愛の循環を生みたい!」という方は是非。