平成30年2月18日(日)、東京学芸大学で実施された、2017年度東京学芸大学主催SSH/SGH課題研究成果発表会に参加してきました。2年生は、T-GAPの成果と、国際FWの活動を、3年生は卒業研究の発表を行いました。このなかで、3年生のザーマンモハノエル君が、口頭発表部門で最優秀賞に選ばれました。日本とバングラディッシュを結んだ、社会貢献活動の実績が評価されました。これからも、筑坂は、卒業研究(課題研究)を中心としたグローバル人材育成のためのカリキュラム開発を推進していきます。