平成28年11月10日、シンポジウム当日に、フィリピン大学附属ルーラル高等学校と国際連携協定を締結しました。フィリピン側は、リザ・カラスカル校長、日本側は宮本信也教育長(筑波大学副学長)、田村憲司校長が参加しました。ルーラル高等学校は、農業高校を前身とし、現在も校内に農場を抱え、科学教育の進んでいる普通科高校です。近隣には、「緑の革命」で有名な国際稲研究所(IRRI)もあり、生徒の稲作実習はこのIRRIで行われています。本校にとって、親和性の高い学校で、非常に多くのことを学ばせていただいています。今後、国際フィールドワークの開発、長期・短期の留学、英語による専門的な共同研究など、多くの連携が期待されます。

IMG_5568